ABOUT


農業体験農園とは

 農地を区画貸しで自由栽培をする市民農園とは異なり、農地所有者等が自ら指導・種苗提供を行う農園で、入園者が一定期間を通じて、連続した農作業を体験する消費者参加型の農園です。


 経営の主体は農地所有者等の農業経営者ですが、収穫した農作物に関しては入園者に全量持ち帰っていただく契約栽培になります。

「農業体験農園の多面的機能、農家消費者の連携 」

 ・農業生産  不耕作農地解消と営農活動の向上。

 ・地産地消  食の安心・安全と自給率の向上。

 ・食育活動  教育的効果(健常者・障害者)の向上。

 ・景観保全  古都京都の田園景観を守る。

 ・防災機能  災害時の避難場所として協定。

 ・コミニテイ 絆の醸成:希薄な人間関係からの脱却。


 当園は農林水産省近畿農政局京都府京都市農業委員会農業会議・JAなど各種の行政機関と連携・指導を受けて農園活動をしています。



募集案内

費 用:50,000円

期 間:3月1日から翌年1月31日まで

面 積:約20㎡

場 所:京都市伏見区深草東瓦町3-1

その他:駐輪可、トイレあり

※お車でお越しの際は、ご相談ください。


利用料金の中には、 農園での体験・附属設備の利用・農機具のレンタル・野菜などの種苗・ 堆肥や肥料などの利用料が全て含まれています。収穫した野菜も全てお持ち帰りできます。

ご利用を希望されます方は、メールフォームにてお問い合わせください。